ホワイトニングは安全なのか?

「ぶっちゃけ、ホワイトニングって安全なの?」→安全です!|白い歯でモテる.com

特別な薬剤を利用して、
歯を白くキレイにするホワイトニング。

過去には、
ブリーチング(漂白)と呼ばれる時代もあり、歯を白くしてキレイに見せることのイメージは決して今のように安心・安全・手軽と言うものではなかった。

当然、
安全面で不安を抱える人もまだまだ少なくない。

では、
実際にホワイトニングは安全なのか?

答えはもちろん、YESである。

これからホワイトニングをしようとしている人は、ぜひ今回の記事を参考にしてほしい。

この20年でホワイトニングは安全だと改めてわかった

ホワイトニングが臨床に普及したこの20年で、
ホワイトニングの施術が有害でないことが改めてわかっている。

ホワイトニングが健康に与える影響を心配している人は、ここで安心してほしい。

基本的には、
ホワイトニングの薬剤から発生したフリーラジカル(*)が歯の中の有機物に作用するので、無機物を多く含むエナメル質表面には有害なことはないと考えられている。

つまり、
人体に与える健康面での影響は全く心配ないと考えていいのだ。

(*)フリーラジカル
通常はペアを組んでいる電子が不対になって反応性が高く不安定な原子・分子団。このフリーラジカルが歯の着色物資と結びつき、歯の汚れを落とす。

ホワイトニングは虫歯(う蝕)予防にもなる

ホワイトニングは、
歯を白くしてキレイにする効果はもちろんのこと、う蝕(一般的には虫歯)予防の効果もある。

う蝕(虫歯)は、
口臭の原因になるほか、食事を楽しめなくなったり、歯が欠けて人相が悪くなる、または歯周病を誘発して重篤な病気の原因にもなってしまう。

健康な歯を保つことは、人が生活をしていく上でとても重要なことなのである。

近年では、
ホワイトニングの研究の対象がエナメル質の象牙質側の深部へと進み、ホワイトニングによりエナメル層深層ではミネラルの再配分が起こると報告されている。

歯にミネラルが不足すれば、う蝕(虫歯)になりやすくなる。

ホワイトニングによるミネラルの再配分は、歯を白く健康にし、さらにう蝕をも予防するまさに一石二鳥なのだ。

ホワイトニングの技術・研究はこれからも進みさらに安全となる

ホワイトニングの技術や研究は、今もどんどん進められている。

近年では、
歯を侵襲することなく、エナメル質や象牙質の構造変化を観察できる機器が開発され、歯に悩む患者の歯がホワイトニングによってどのように変化するのかを観察できるようになった。

これにより、
ホワイトニングがより気軽に多くの人にとって利用しやすいものになる可能性がどんどん上がっているのである

有害ではない安全なホワイトニングで歯を白くして人生を変えよう

これまで見てきたように、
ホワイトニングの安全性は確保された上で、さらに技術の発展や研究が進んでいる。

歯を白くキレイにすることで、
普段の食事や会話をより一層楽しむことができるようになり、結果として人生が明るく前向きになる。

また、
笑顔に自信が持てるようになるので、異性からみて魅力的なヒトになることもできるのだ。

安全なホワイトニングで歯を白くキレイにして、自分の人生を思い切り楽しもう。

おわり

  1. 歯が黄色くなる原因

    歯が黄色くなる原因ってどんなのがあるの?|ホワイトニングで白い歯になればモテる.…
  2. セルフホワイトニングがオススメな理由

    自宅でホワイトニングをするならセルフホワイトニングがオススメ!ホームホワイトニン…
  3. ホワイトニングで歯を白くするメリット

    高齢者でもホワイトニングはできるの?→できます!|モテる白い歯.com
  4. ホワイトニングの歴史

    ホワイトニングは以前ブリーチングと呼ばれていた?|ホワイトニングの歴史
  5. ホワイトニングで歯を白くすればモテる

    【歯のホワイトニング】LEDライトの使い方は超カンタンなので安心して自宅でホワイ…
PAGE TOP