ホワイトニングは口臭予防にもなる?

ホワイトニングとクリーニングの違い

ホワイトニングとクリーニングはどう違う?歯を白くしたい人の疑問にお答えします

「歯を白くキレイにするためにホワイトニングをしよう」

歯の色で悩んでいる人が思う一般的な考えである。

歯をキレイにする方法としては、歯医者でクリーニングをするという方法もある。

ホワイトニングもクリーニングも、
どちらも歯をキレイにする方法としては効果がある。

では、
実際にホワイトニングとクリーニングはどう違うのかについて紹介しよう。

ホワイトニングで歯をキレイにする方法とは?

ホワイトニングは、
化学的に薬剤を作用させて、歯の内因性の着色因子を分解し、歯の明度(透明感)を上げて、彩度を0に近づけることによって歯を白くする方法である。

内因性の着色因子は、
テトラサイクリンなどの薬剤、う蝕(虫歯)、全身性疾患などが原因として挙げられる。

これらによる着色は、
クリーニングのみでは除去することができないので、多くはホワイトニングを利用して歯を白くする。

歯の色を白くしたいのであればホワイトニングをしよう

歯が黄色くなる原因は様々だが、
歯の表面の外因性のステイン(着色)は一度歯を白くキレイにしても再び歯の表面につくので、定期的なクリーニングとホワイトニングが必要となる。

多くの人がイメージする歯の白さは、
クリーニングや歯磨きだけでは実現することができないので、「歯を白くしたい!」と思った場合は、本格的なホワイトニングをするようにしよう。

クリーニングで歯をキレイにする方法とは?

クリーニングは、
歯周組織が健康な状態において、歯石・歯垢・飲食物などの外因性のステインをPMTC(*)によって物理的に取り除く方法である。

*)
PMTCは略称のことで「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」のことをいいます。
歯磨きをしていても、すでに歯に定着して個人では落とすことの出来ない汚れや、プラークの元となるバイオフィルムを歯科医師、歯科衛生士が専門の機器や技術を使って除去することです。

引用:
https://www.yusinkai-tokyo.jp/

歯の表面の着色を取り除くことで歯は本来のの輝きを取り戻すが、歯そのものの色調は変わらない。

つまり、
多少黄色くなった歯はクリーニングだけでは白くならないということである。

歯をキレイに保つには定期的なクリーニングが効果的

永久歯、いわゆる大人の歯に観察される着色の多くは、
外因性でありその発現頻度も内因性よりも多いとされているので、クリーニングの効果は多くの人にある。

普段生活していると、
歯の着色に気をつけていてもどうしても歯に汚れがついてしまう。

これは仕方のないことだが、
定期的にクリーニングを実施することによって、歯を清潔に、キレイに保つことは可能だ。

できれば、
クリーニングだけでも3~6ヶ月ごとにクリーニングを実施すると、歯をキレイに保つことができるのでオススメだ。

自分の歯の色や状態によってそれぞれ選択しよう

クリーニングもホワイトニングも、
歯をキレイにするという観点では目的は同じ。

TVや雑誌で見るモデルや芸能人の歯の白さを手に入れたいのであれば、やはりホワイトニングをした方が効果がある。

健康な歯を維持するのであれば、
クリーニングを定期的に実施して歯の表面の汚れや着色を取り除いておくことが大事となる。

また、
専門的な歯のクリーニングは歯医者に行かないとできないので、歯医者に行けば同時に歯や口腔内の健康維持に対する意識も上がる。

普段生活していて、
よほどのことがない限り歯に対して気を配ることもなかなかないだろう。

ホワイトニングもクリーニングも、
歯や口腔内への健康意識を高める点においては全ての人がやっておいた方がいい。

自分の歯の状態、色、う蝕(虫歯)の有無などをよく見て、
今必要なのはクリーニングなのかホワイトニングなのかをよく見て選択するようにしよう。

  1. ホワイトニングで歯を白くすればモテる

    「歯が白いとモテる!」モテるためにホワイトニングをしたほうがいい理由とは?
  2. ホワイトニングは口臭予防にもなる?

    ホワイトニングとクリーニングの違い

    ホワイトニングとクリーニングはどう違う?歯を白くしたい人の疑問にお答えします
  3. ホワイトニングは口臭予防にもなる

    ホワイトニングは口臭予防になる!口臭の分類について理解しよう
  4. ホワイトニングのデメリット

    ホワイトニングのデメリットってどんなものがあるの?→主なデメリットは知覚過敏
  5. ホワイトニングで歯を白くするメリット

    高齢者でもホワイトニングはできるの?→できます!|モテる白い歯.com
PAGE TOP