ホワイトニングのデメリット

ホワイトニングのデメリットってどんなものがあるの?→主なデメリットは知覚過敏

ホワイトニングによって、
歯を白くキレイにすれば笑顔に自信がモテるようになり、人生が明るいものになる。

しかしながら、
ホワイトニングは特定の薬剤を使って歯を白くキレイにする方法。

デメリットがないわけではない。

ホワイトニングの主なデメリットは知覚過敏が発生する可能性があるということ。

ホワイトニングのデメリットをよく理解した上で、
痛みに弱い人や抵抗がある人は歯科医師とよく相談した上でホワイトニングをしたほうがいいだろう。

オフィスホワイトニングでのデメリットとは?

オフィスホワイトニングでは、
ホワイトニングの効果がすぐに出やすいように過酸化水素の濃度が濃い薬剤を使用する。

その際、
どうしても知覚過敏が発生してしまうことがあるのだ。

ホワイトニングを希望する人の中には、
「痛みを我慢してホワイトニングの効果を早く実感したい」という人もいる。

しかし、
痛みを我慢するとホワイトニングの効果は出ても、知覚過敏の症状が消えにくくなる恐れがある。

歯医者で行うオフィスホワイトニングでは、
ホワイトニング希望者の痛みの状態にあわせて歯科医師が適切な処置をしてくれる。

知覚過敏を感じたら、
歯科医師が知覚過敏抑制剤を使用して痛みを緩和してくれる。

また、
ホワイトニングの際の痛みがある場合は、ホワイトニングの継続を一時中断する判断も歯科医師がしてくれるので、痛みを感じたらなるべく痛みを隠さずに歯科医師と相談しよう。

その他のオフィスホワイトニングのデメリットは以下の通り。

・濃度の濃い過酸化尿素を使用するため、防護が複雑
・前歯、小臼歯の唇側のホワイトニングがメインとなる
・ホワイトニング効果の期間が短期間になりやすい
・チェアータイムが長い

オフィスホワイトニングを希望する場合、
オフィスホワイトニングののデメリットをよく理解しておこう。

ホームホワイトニングのデメリットとは?

オフィスホワイトニングと違い、
ホームホワイトニングでは過酸化尿素の濃度が比較的低い(10%ほど)ので、知覚過敏になる可能性や痛みはオフィスホワイトニングよりは低い。

しかし、
過酸化尿素の濃度が低いということは、ホワイトニングの即効性はオフィスホワイトニングと比較して低いということも理解しておこう。

また、
自宅で行うホームホワイトニングは、知覚過敏が発生した時の対応が遅れてしまうというデメリットもある。

ホームホワイトニングを開始する際は、
ホワイトニングの効果、期間や知覚過敏に関して、歯科医師と事前によく相談しておくことが望ましいだろう。

その他のホームホワイトニングのデメリットは以下の通り。

・オーダーメイドのマウスピース作成が必要
・ホワイトニングを歯科医師に都度観察、監視してもらえない
・ホワイトニングに時間が必要
・不正歯列に対応がしにくい
・ホワイトニング効果の出現にムラがある
・ホワイトニング直後の飲食物の制限が必要

自宅で自分のタイミングでできるホームホワイトニングは人気だが、
デメリットもよく理解した上でホワイトニングに取りかかることがオススメである。

セルフホワイトニングのデメリットとは?

自宅でLEDライトなどを使ったセルフホワイトニングも近年人気が出てきている。

こちらの記事にあるように、
インターネットで気軽にセルフホワイトニングキットを購入して自分のタイミングでホワイトニングができるようになった。

だが、
当然セルフホワイトニングにもデメリットはある。

主なデメリットといえば、
ホワイトニング効果の出現にムラがあるということだろう。

歯科医師の指導の元でホワイトニングを行うわけではないので、
使用するホワイトニング材の種類や薬剤の濃度にもそれぞれ違いがある。

歯医者で用意した特殊な器具や、
歯科医師の指導の元で使用する薬剤を使用しない分、ホワイトニング効果に対しての責任は基本的にセルフホワイトニングキットを購入した購入者にある。

また、
ホワイトニング効果が出る期間も比較的長期になる。

これらのデメリットを踏まえた上で、
自分のタイミング・ペースでホワイトニングをしたい人はセルフホワイトニングを選択してもいいだろう。

また、
ホワイトニングのメインのデメリットである知覚過敏に関しては、セルフホワイトニングではほとんどないと言ってもいい。

「とにかく痛むのはいやだ」

という人は、
セルフホワイトニングで長い目でホワイトニングに取り組むのもいいだろう。

以上、
ホワイトニングの種類によるデメリットであった。

・知覚過敏による痛み

は、ホワイトニングをする際では必ずデメリットとして存在することを覚えておこう。

  1. ホワイトニングのデメリット

    ホワイトニングのデメリットってどんなものがあるの?→主なデメリットは知覚過敏
  2. ホワイトニングで歯を白くするメリット

    高齢者でもホワイトニングはできるの?→できます!|モテる白い歯.com
  3. ホワイトニングの歴史

    ホワイトニングは以前ブリーチングと呼ばれていた?|ホワイトニングの歴史
  4. ホワイトニングについて詳しく知りたい

    ホワイトニングは何回くらいで白くなる?ホワイトニングの方法によって回数は変わる
  5. ホワイトニングは痛いのか?

    「ホワイトニングって痛いの?」ホワイトニング初心者の疑問のお答えします!
PAGE TOP