虫歯があるとホワイトニングは可能なのか

虫歯(う蝕)がある場合ホワイトニングはできる?→できるが先に治療をした方がいい

歯の天敵といえば、虫歯。

歯科業界では【う蝕】とも言うが、
この虫歯がある場合はホワイトニングはできるのかどうか?

基本的には、
ホワイトニングをする前に虫歯の治療をするのが一般的。

虫歯があると、
そこからホワイトニング薬剤が歯の内部まで浸透してしまい、知覚過敏などの痛みを感じることになるからである。

歯医者で行うオフィスホワイトニングでは、
ホワイトニングを実施する前に歯全体をチェックするので、もしも虫歯があれば歯科医師と相談して虫歯の治療を優先させる場合がある。

また、
ホームホワイトニングも歯科医師の指導の元で行うため、虫歯がある場合はまずは虫歯の治療を優先することが多いだろう。

いずれにしろ、
虫歯がある状態というのは口腔環境がいいとはいえない。

歯をいくら白くキレイにしたとしても、
虫歯が原因で口臭があったり、病気になったりしてしまったら元も子もない。

ホワイトニングで歯を白くキレイにするのと同時に、
自分の歯のチェックを常日頃から行って、口腔環境をキレイにしておくのも重要である。

虫歯があるとホワイトニングをする際に痛みが伴う

ホワイトニングとは、
歯に特殊なホワイトニング剤を塗布し、LEDライトなどを使って歯を白くする方法。

歯医者で行うオフィスホワイトニングやホームホワイトニングでは、
使用するホワイトニング剤によっては知覚過敏が発生する場合がある。

この知覚過敏は、
多くのホワイトニング希望者が感じる不快事項の代表例だ。

ホワイトニングを成功させて、
歯を白くキレイにするにはこの知覚過敏のコントロールが不可欠なのである。

虫歯を放置したままホワイトニングを行うとどうなるのか

虫歯を放置したままホワイトニングを行うと、
低濃度のホワイトニング剤であっても歯髄炎を誘発することがある。

さらに場合によっては、
不可逆性の歯髄炎となり、歯を抜かなければならない抜髄処置が必要となる場合があるので注意が必要だ。

ホワイトニングをする前に虫歯を治療しておいた方がいい

これらのことから、
虫歯がある場合は、まず先に虫歯の治療を行ってからホワイトニングをした方がいい。

せっかく歯を白くキレイにしたい!と行動したのに、
予想外の痛みを伴ってしまったらホワイトニング自体が嫌いになってしまう可能性もある。

ホワイトニングは、
虫歯や歯の疾患がなければ、最低限の痛みやしみ、場合によっては全く痛みを感じずにできるもの。

どんな人でも歯を白くキレイにするだけで、
イメージがガラッと変わるし、自分自身の顔や笑顔にも自信が持てるようになる。

さらにいえば、
ホワイトニングによって歯を白くキレイにすれば異性にモテて恋人ができる可能性も十分あるのだ。

異性とお付き合いする時も、
自分の口の中に虫歯があると、それが気になってなかなか顔を近づけたり近くで話したりすることに抵抗を感じてしまうだろう。

自分の歯の状態を知ることは、
ホワイトニングが目的ではなくてもとても重要なこと。

食べたいものを食べ、飲みたいものが飲める普段の生活も、虫歯の存在によってその生活に支障をきたしてしまう。

虫歯があってもホワイトニングは可能だが、
万全を期して歯を白くキレイにするには、まずは虫歯を治療してからホワイトニングをする方が賢明である。

  1. ホワイトニングで歯を白くするメリット

    街を歩くと分かるホワイトニングをするべき理由とは?清潔感が瞬時に感じられるホワイ…
  2. ホワイトニングについて詳しく知りたい

    ホワイトニング直後に注意すべきことは?|モテる白い歯.com
  3. ホワイトニングは口臭予防にもなる

    ホワイトニングは口臭予防になる!口臭の分類について理解しよう
  4. LEDライトを使ったホワイトニングについて

    LEDライトでホワイトニングをすると歯が白くなる理由は?【光触媒】を利用して歯を…
  5. ホワイトニングが人気な理由とは

    「私も歯を白くしたい!」なぜホワイトニングが人気急上昇なのかその理由について
PAGE TOP